過去に債務整理をしたことがある人の無料相談

借金の返済をすることができなくなった場合に困るのがこれまでに債務整理をしたことがあるケースです。

まったく借金問題をしたことがない場合であれば法律事務所の無料相談を利用して現状を説明し、それにあった債務整理についての紹介をしてもらうことができるのですが、二度目以降になると対応してもらえない場合があります。

今は金融機関からお金を借りる場合に債務整理をしたことがあるとそれが信用情報としてひっかかってしまうことになり、新しく借り入れをすることはできないようになっています。

しかし違法なルートなどを使って債務整理をした後であるにも関わらず新たに借金をして借金地獄に陥ってしまう人も実際には少なくありません。

特に闇金などが関係している場合だと話しは複雑になってくるので、借金問題に特化した弁護士や司法書士などに相談をしてから今後の対応についてのアドバイスをもらうことがベストな方法だと思います。

借金は一種の癖のようなものであり、これまで借金で散々苦しんできた過去があってもそれを忘れて新しく借金をする人もいます。

借金をすることのリスクについても今一度考えることが同じ過ちを今後繰り返さないようにするために必要なことだと言えるでしょう。

債務整理無料相談ランキング

相談から債務整理までの流れ

法律事務所に借金のことで無料相談をした場合に債務整理の必要性についての言及があるので、それを聞いてから今後どのように借金整理をしていくのかまとめていく流れになります。

借金の無料相談を通して債務整理が必要だと判断されるということは現状の状態では自力で借金の返済をすることが困難になってしまっていることであり、借金の一部を減らすなどの債務整理をして借金整理の手続きを行うことになります。

一方で、収入が適度にあって必ずしも債務整理をしないと借金整理ができないわけではないと判断されるとおまとめローンや借り換えローンなど他の借金整理の方法についてのアドバイスもあると思います。

無料相談の場合だと債務整理をセットで関連つけている法律事務所もあるので中には他の打開策があるにも関わらず、任意整理などを勧めてくることもあるので必ず他に可能な借金問題の解決方法というのも確認しておくようにしましょう。

債務整理には費用がかかるだけでなくこの方法で借金の整理をすると今後新たにお金の借り入れをすることはできなくなってしまうなどのマイナスの面もあるのでメリットとデメリットの比較についてはあらかじめ行って確認しておくようにしましょう。

債務整理をした後の借金

私は元々お金を借りることに対してかなりの抵抗感があったのですが、公共料金の支払いなどにクレジットカードを使っているうちに便利さを感じるようになり、クレジットカードの使用率が高くなりました。

便利なサービスである一方、ネットショッピングなどを利用してクレジットカード決済にしているうちに自力では返すことができないくらいの借金に膨れ上がってしまったので法律の無料相談を利用して借金問題に向き合うことにしました。

無料相談で言われたのはこのままだと自力で完済をすることは難しいとのことで、債務整理をしてから借金整理をすることです。
それが最善策だと思って無料相談をした法律事務所に依頼して債務整理をしてもらって借金問題から解放されることになりました。

しばらく借金はこりごりだったのですが、ふとした時にクレジットカードを作ろうと思った時に手続きをすると審査に通過しませんでした。
この時に債務整理をした後に新しい借金をすることができないことに気付いたのですが、借金ができない環境というのは意外と不便です。

でもこれで新しく借金を作ってしまう可能性が無くなったとポジティブに捉えることもできているので、同じ過ちを繰り返さないように大事にお金を使って行きたいと思いました。